Entry: main  << >>
「エロかっこいい」ではなく「エロ・バイオレンス」の意外と凄い奴
「アンダーワールド:エボリューション」、まあ見たままのB級ダークファンタジー?映画です。
前作と同じく、ケイト・ベッキンセールのプロモーション・ビデオ的な内容です(しつこいぐらいに、下から輝く瞳で見上げてます。青年漫画雑誌のグラビアか?)。設定、その他全て「ありがち感」満載なのですが、これが意外と見られる作品です。ハリウッド女優なのに、老人の手首から血を吸ったり、狼男に回転して肘打ちを食らわせたり、監督の変態指数はかなり高めと思われます。この過剰なエロ&バイオレンスは、最近のハリウッド映画よりも、日本のコミック的な感じです(そもそも原作もコミックらしいが・・・)。

結論:SF・ファンタジー系作品が好きな仲間と見て、ツッコミまくって楽しむのに最適!
| greendog8001 | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode