Entry: main  << >>
ぶっちゃけ、ゲームじゃないけど面白いべ!
一部でとても話題になったカプコン販売の家庭用ゲーム「killer7」を一通りプレイしました。この作品は、グラスホッパーという、いわゆる珍作・奇作を作ることで有名な会社で製作されています。以前から気にはなっていた会社でしたが、ここのゲームをプレイするのは今回が初めてです。販売元が超大手のカプコン(アクション部分は製作しているのか?)なのも気になります。
で、プレイ結果はどうなのか・・・・・・?
内容は、「ゲーム風の操作を通じて見る・聴くデジタル作品」ですね。「濃い」ものが好きな人には堪らないものです。特に映像は、ゲーム部分は、最近流行のリアルCGではなく、陰影の強いトゥーンレンダリング処理(だと思う)によるダークなアメコミ風のCGで描かれており最高です。でも、途中のムービーは通常のアニメムービーとなっており、ちょっぴり残念。ストーリーも、抽象的・暗喩的な話が好きな私には、かなり楽しめました。
最近は、1)テクニカルな意味でのゲーム性も無く「技術的には凄いけど、なんだか特徴のないCGキャラクターが激しく動く」モノや、2)テクニカルな意味でのゲーム性はあるが「よくある感じのシューティング」モノが多い中、このような「濃い」作品が出る意味は大きいと思います。
| greendog8001 | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode