Entry: main  << >>
映画「グーグーだって猫である」
大島弓子の漫画を読んだことがないのだが、最近の犬童監督映画は幾つか見て「結構イイ感じ」ということで見てきました。
一言で言うと「あざとい演出も多いけど、やっぱり泣ける良い映画」です。

ところで、パンフレットに「犬は飼う、猫は共に暮らすというニュアンスがある」といったことが書いてあったが、個人的には「共に暮らす」が正解だと思う。如何なる生物であれ「飼う・飼われている」は片方向からの視点でしかなく、近い場所で生活しているに過ぎない。その他の関係性は「各個体が勝手に決めている」ような気がする。
| greendog8001 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode